戦国島津をもっと深く・もっと楽しく

しまづくめ

まるおじょう

丸尾城

長崎

概要

島津・有馬連合軍が龍造寺軍を破った「沖田畷合戦」の舞台の一つ。島原国衆、島原氏居城「浜の城」の支城。

沖田畷合戦では連合軍の拠点として、島津家臣・猿渡信光が布陣。本陣である森岳(現・島原城付近)と海岸線を結ぶ陣地の一角として機能した。連合軍はこのライン上に土手・堀・間柵を築き、龍造寺軍を迎え撃ったとされている。なお信光嫡男・弥次郎はこの戦いで戦死している。

合戦後、陣没者の供養として跡地に禅林寺が建てられた。島原藩主となった松平氏により本光寺の末寺・浄林寺と改められ、更に柏野にあった本光寺を移し松平氏菩提寺として今に至る。敷地内には「常盤歴史資料館
」があり、松平氏関連の史料・美術品や、戦国期の書状などが展示されている。

参考文献
  • 『再検証 沖田畷合戦』中西豪(学研プラス 歴史群像2020年3月号)
  • 島原市公式HP
  • ほか現地案内等


  • 住所 〒855-0073 長崎県島原市本光寺町3380
    駐車情報
    アクセス ■車
    島原鉄道 島原駅より10分

    マップ

    口コミ

    口コミを投稿する
    1
    2
    3
    4
    5
    送信
         
    キャンセル

    口コミを書いてみましょう

    口コミの平均:  
     0 口コミ

    関連するスポット