戦国島津をもっと深く・もっと楽しく

しまづくめ

てんたくじあと

天沢寺跡

北薩

概要

島津歳久と殉死者の供養碑が残る。

応永年間に曹洞宗寺院「重元寺」として一岳洞忍和尚が開山。その後、島津尚久の菩提寺として天正年間に「雲秀寺」と改め、更に島津常久の菩提寺として寛永年間に「天沢寺」となる。廃仏毀釈により寺院は破壊され、現在は墓石や仁王像などが残る。
島津歳久や従者らの供養碑は雲秀寺時代に築かれた。また供養碑の脇には殉死者の一覧が刻まれた碑や子孫らが150年忌として奉納されたと思われる石灯篭が残っている。

その他、渋谷氏の供養碑や住職、歳久家臣の木脇氏と思われる墓等、多数の墓石が敷地内に点在している。


訪問にあたっては場所が分かりづらく注意が必要。手前700mの分岐から、100m地点までは車で行くことが可能で、道は細いが普通車でも十分通行可。GoogleMapでは道が途中までしか表示されていない。Yahoo地図(ゼンリン)は道の表示はあるが、地点登録がされていない。


分岐に道標有り




至近まで車通行可



住所 鹿児島県薩摩川内市田海町2207付近の分岐より車で2分
駐車情報 無…近隣駐車スペース有
アクセス ■車
JR薩摩川内駅より15分

■公共交通
JR薩摩川内駅より「鹿児島交通 斧渕/宮之城車庫方面」20分、「今村中」下車徒歩15分
※本数が少ないため注意

マップ

口コミ

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書いてみましょう

口コミの平均:  
 0 口コミ

関連するスポット