戦国島津をもっと深く・もっと楽しく

しまづくめ

じちゅうじょう

寺中城

長崎

概要

島津・有馬連合軍が龍造寺軍を破った「沖田畷合戦」の舞台の一つ。島原国衆、島原氏家臣・和泉左京が在城した。

島原戦線における龍造寺方の重要拠点の一つで、沖田畷合戦に臨む龍造寺隆信が着陣している。合戦前日の天正12年3月23日には、鍋島直茂以下5千の兵が入城しており、これを阻止できなかった島津軍は城下を焼き払い、当日開催されていた市より物資を略奪したと伝えられている。
合戦後、連合軍によって包囲され降伏開城した。

丘陵に曲輪と空堀の遺構が残る。

参考文献
  • 『再検証 沖田畷合戦』中西豪(学研プラス 歴史群像2020年3月号)
  • ほか現地案内等


  • 住所 〒855-0001 長崎県島原市中野町丙1490付近
    駐車情報 無…近隣駐車スペース有
    アクセス ■車
    島原鉄道 島原駅より10分

    マップ

    口コミ

    口コミを投稿する
    1
    2
    3
    4
    5
    送信
         
    キャンセル

    口コミを書いてみましょう

    口コミの平均:  
     0 口コミ

    関連するスポット