戦国島津をもっと深く・もっと楽しく

しまづくめ

花見酒

新名一仁氏 『現代語訳 上井覚兼日記』 インタビュー



2020年11月、ヒムカ出版社より『現代語訳 上井覚兼日記 天正十年(一五八二)十一月~天正十一年(一五八三)十一月』が刊行されました。

上井覚兼は、戦国島津氏が薩隅日三州統一を果たし九州一円に勢力を拡大する、天正年間に活躍した人物です。天正元年(1573)には島津義久の奏者、天正4年(1576)には老中に抜擢され、高城・耳川合戦で大友氏を破り島津氏が日向支配を確立してからは、老中の地位のまま宮崎地頭を兼務し、同時に旧伊東氏本拠地全域を統括する重責を担うようになります。
そうした軍務の傍ら、若い頃より連歌会に臨席するなど芸事を修め、後年には武人のあるべき姿勢や学ぶべき教養についてまとめた『伊勢守心得書』を著すなど、文化人としても足跡を残しています。

上井城址」(鹿児島県霧島市国分上井)。天文14年2月11日、覚兼はこの地で誕生した。上井氏は信濃国諏訪社の系譜とされ本姓を大神、諏訪氏を称していたが、覚兼祖父・為秋の代に領地名をとって上井に名字を改める。覚兼誕生間もない天文17年に上井氏は島津貴久に服属。なお城の麓には、分骨された島津義久墓(徳持庵跡)とその長女・於平墓(淵龍院跡)がある。


天文22年、父・薫兼の移封により薩摩国永吉(鹿児島県日置市吹上町永吉)に移り住み、寺院・文解山(もどきやま)で学問を修めた。元服する永禄2年前後まで永吉で過ごしたとされる。


覚兼は永禄4年の肝付氏との廻城攻防戦で初陣を飾り、大牟禮に置かれた本陣で貴久・義久に付き従った。写真は本陣跡「惣陣が丘」(鹿児島県霧島市福山町)からの眺望。なお、後に覚兼と深い関わりを持つ島津家久もこの戦いで初陣を迎えている。


宮崎城址」(宮崎県宮崎市池内町)。伊東48城の一つに数えられる。天正8年、覚兼は宮崎地頭職と共に近郊の「海江田」八十町を宛行われ、永吉より移った。『上井覚兼日記』の大部分は覚兼が城主となってからの記録であり、その生活が詳細に記されている。

上井覚兼日記は天正2年(1574)8月から天正14年(1586)10月まで記録された27巻から成り(一部欠損あり)、戦国島津氏の意思決定過程や政治・軍事制度について、また当時の南九州の武家の習俗を知る上で極めて重要な一級史料として知られています。
奏者・老中という立場のもと政権中枢で意思決定に携わり、有力な武将として兵を率いて前線を戦い、地頭として領地の統治を行い、一流の文化人として文芸・芸能に興じる──1人の人物が、こうした4つの視点で重層的に、そして「筆まめ」に書き残している点が、他の同時代史料にはあまり見られない、上井覚兼日記の大きな特徴です。

戦国島津ファンにとってはお馴染みと言える上井覚兼日記ですが、これまで現代語訳はされておらず、まさに待望とも言える一冊。著者であり、中世島津氏研究の第一人者である新名一仁にいなかずひと 氏にお話を伺いました。



── この度はご出版おめでとうございます。はじめに、刊行までの経緯をお聞かせ下さい。

新名:当時学芸員として在籍していたみやざき歴史文化館で、2012年に「特別企画展『宮崎城と上井覚兼』」を担当し手応えを感じたことを契機として、その後勤務した宮崎市きよたけ歴史館・宮崎市生目の杜遊古館で「上井覚兼日記を読もう」という講座を担当し、現代語訳普及に取り組んでいました。書籍化を実現したいといくつかの出版社に働きかけはしていたものの中々色良い返答がなかったのですが、今年に入って先述の講座を受講されていたヒムカ出版の渡邊さんに有り難くもお声掛け頂いた、という次第です。

── ヒムカ出版さんはお一人で全ての業務を行われているとか…

新名:2年前に独立開業され、宮崎に根付いた作品を手掛けられてます。企画から編集作業、書店営業、発送業務まで全てお一人でされ本当に大変だと思うのですが、ご尽力の甲斐あって多くの書店さんに卸して頂いてます。付近の書店に見当たらない方も、版元公式紀伊国屋書店honto楽天ブックスamazonなど、各種通販サイトで対応もしていますので、ぜひそちらからお求め頂ければ。



── 当時の武士たちの日常が詳しく描かれる上井覚兼日記ですが、何といっても一番印象に残るのは、酒に関する記述ですね。酒を飲まない日は殆どなく、覚兼は立場もあってか行く先々で頻繁に誘いを受けている。「イメージ通り」な島津家中の日常ですが、やはり同時代の他家と比べて特殊なのでしょうか。

新名:他家にここまで詳しい日記を書いた家臣がいないので、単純に比較はできませんが、当時の島津家中では当然なのでしょう。ドイツの人が水がわりにビールを飲むのと同じ感覚のような気もします。加えて、今のように醸造技術が発達してませんので、アルコール度数はさほど高く無いようにも思います。

── 確かに、二日酔いの記述は少ないですね(笑)。日常的な飲酒にはもちろん嗜好という面もあると思いますが、多くは「寄合」の中でのことですし、「地頭衆中制」という支配体制・「談合」の重視、という戦国島津氏の特性を考えると、重要な意思疎通の手段なのかな、とも感じました。

新名:もちろんそういう側面があるでしょう。当時の意思疎通手段は書状とそれを持参する使者の口上しかありませんでした。それだけだと家中間の結束は生まれませんし、お互いの本音も伝わりづらいです。大所帯となった家中内にはさまざまな派閥もあったでしょうし、「寄合」は公的な「談合」とは異なり、酒がはいってリラックスできる場でしょうから、お互いの本心を知ることができる貴重な機会です。お互いの本音を探り合い、結束を深めることが大きな目的のひとつなのでしょう。

── 酒のほかは、風呂の記述も目立ちますね、これもまた薩摩らしさを感じます。覚兼が各所の風呂廻りに飽き足らず宮崎城内に造作し始めるのが面白いです。風呂を「焼く」という表現が散見されますが、焼いた石などに水をかけ蒸気を発生させているということでしょうか。

新名:日記でははっきりしないのですが、現在各地で復元されている蒸し風呂を見ますと、大釜で御湯を沸かし、その上にすのこを敷いた小屋をかけてそこに入るようです。なぜ「湧かす」「焚く」じゃなくて、「焼く」なのは言語学の方に聞いてみたいですね。


天正11年1月、肥後より帰国中に覚兼は湯治のため湯の村(現 湯之元温泉)に立ち寄る。江戸初期に浴場として本格的に整備され、藩直営となってからは身分により入浴場所が御前湯・地頭湯・所湯・打込湯と分けられていた。写真は温泉街を代表する「元湯・打込湯」(鹿児島県日置市東市来町)。



── 戦国期島津氏の大きな特徴といえば「くじ 」や「神慮の重視」ですが、今回の日記にも登場しますね。これらについて新名先生は前著「島津四兄弟の九州統一戦」(星海社)で、意見調整や政策決定の合理化・大義付けとしての側面があることを指摘されていますが、その成立には「神威」が家臣団に浸透していることが前提となるかと思います。実際、日記の中でも島津家中の信心深さが散見されますが、その背景はどこにあるのでしょうか。

新名:一つには島津四兄弟の祖父・島津日新斎(忠良)の影響があるでしょう。いわゆる「ナメられたら殺す」という中世武士の士風が蔓延し、良く言えば「勇猛果敢な尚武の気風」、悪く言えば直情径行で殺伐とした島津家中をコントロールするために日新斎が作り出したのが有名な「いろは歌」ですが、その中で神仏に対する崇敬を説いています。

「仏神他にましまさず 人よりも心に恥ぢよ 天地よく知る」
(意訳:人の心には神仏が住んでいる。心に恥じぬ行動をせよ。誰も見ていないようで、天地は見ている。欺くことはできない)

「ねがわずば 隔へだてもあらじ いつわりの 世にまことある 伊勢の神垣」
(意訳:如何に嘘偽りの多い世であっても、無理な欲望を持たなければ神は公平に扱って下さる)

この他にも、島津家中の行動規範には「いろは歌」の教えが色濃く反映されています。例えば日新斎以来、島津氏は大きな合戦で勝利した後は敵味方問わず施餓鬼を行い、供養のため六地蔵塔を建立していますが、これらはいろは歌で説かれる死者への尊厳に基づいています。また、主君のために命を捨て去る覚悟を常日頃から持つことの必要性も説いており、これは島津家中の死を恐れぬ勇猛さに繋がっています。
義久や義弘が家臣らを説得・統制する際の常套手段として度々日新斎の教えを説くのも、日新斎が家中における精神的支柱・カリスマとして機能していた証ということだと考えられます。


堅志田城址」(熊本県下益城郡美里町)。独断による甲斐氏との手切れについて「神慮を蔑ろにするとは曲事である」と義久から叱責を受けた覚兼ら老中は、天正11年10月の堅志田方面再攻撃に際し義久の指示通り鬮を引いて作戦を決定している。なお島津軍は天正13年に堅志田城を攻略するが、この時にも現地部隊が独断専行(若衆中による命令無視の突出)を犯している。

── なるほど、神慮を重視する姿勢含め、戦国島津氏のいわば「志向」を形作ったのが「いろは歌」、そして日新斎ということですね。
家中の価値観という面で興味深いと思ったのが、覚兼が各人が戦場でうけた「疵」について度々言及している点です。日記では士卒が挙げた軍功について詳細に記していますが、その記述からは「分捕り(敵の首を獲ること) 」と、戦闘による負傷がまるで同等の価値があるかのような印象さえ受けます。
更にはそうした疵を「痛がらない」ことにも重きを置いていますよね。例えば天正10年12月7日の日記では、覚兼弟・鎌田兼政が負傷しても痛がらなかったとして、伊集院忠棟はわざわざ祝言まで送っている。


新名:「外聞」「自他国之覚」という名誉をもっとも重要な徳目とする島津家中としては、痛がらないことが極めて重視されるのだと思います。痛がるものが出ると士気が下がり、全体に恐怖心・パニックが広がるという問題もあるのでしょう。

例えば弘治3年(1557)の蒲生氏・菱刈氏との合戦で、島津歳久は左腿を矢が貫通する重傷を負っていますが、「当所好く候て御痛なし(当たり所が良かったので、痛がらなかった)」と記されています。(『山本氏日記』)。命に別状が無い=当たり所が良かった、ということなのでしょうが、どう考えても痛くないはずがない。しかしそれを表に出さないことが矜持であり、武名を高めるという認識があったのだと思います。

そうした価値観は戦闘以外の日常においても同様です。天正13年(1585)4月、覚兼は妹婿にあたる吉利忠澄に狩りに誘われ、領地に赴きます。その狩りにおいて一行は大猪と遭遇し、飛び掛かられた忠澄は3ヶ所を噛みつかれてしまいますが、やはり痛がらなかったと(『上井覚兼日記』)。更に翌日、帰ろうとした覚兼らに対し「私の負傷が原因で急いで帰ったと噂が立つと自分の『外聞』が良くない。少しも痛くないので今日はこちらに留まり、帰るのは明日にしてほしい」と要請しています。
狩りには現地住民が多数参加しており、地頭として「痛みで狩りが中止になった」とするわけにはいかなかったのでしょう。覚兼はこの要請に応え出発を遅らせており、「外聞」を保つことの重要性が家中において共通認識であったことが伺えます。

── 「外聞」を保つためのには現実的状況や己の身体を顧みない・・・まさに島津軍の強さの源泉ですね。「自他国之覚」については義弘が田尻氏支援の際に言及していますね。筑後肥前進出に消極的かつ肥後攻略に失敗した直後の義弘ですら強く主張していることから、一際高い価値基準であったことが分かります。
しかし一方で、外交政策の混乱や、なし崩しの戦線拡大などを招いてしまい、島津氏が九州統一の戦いに”引きずり込まれていく”要因にもなっていますね。当の義久自身は、根本領国である三州以外に戦線が広がっていくこの時期、家中の雰囲気をどのように受けとめ、統制しようとしたのでしょうか。


新名:「いけいけどんどん」の雰囲気がまずいということは、高城・耳川合戦直後から感じていたのではないでしょうか。隈本城の城一要からの要請(※)にも、義久は当初消極的でしたし。
だからこそ何度も「談合」を求めて、重臣達の議論とそれによる意思統一、決定事項に責任を持たせることを求めたのでしょう。談合で決めたからには、自分たちで責任をもって作戦を完遂しろ。完遂できそうもないなら、自重するよう求めたのでしょう。慎重さの重要性を説くために、日新斎の遺訓を持ち出すのであり、義久自身の考えを貫徹させられないのは、島津家当主権力の限界とも言えるかもしれません。

(※編注)城氏は先代の親賢が、高城・耳川合戦後に大友氏より離反し島津氏に救援を求めた。それに応え島津氏は隈本城へ派兵するが、城氏は今度は龍造寺氏の圧力に屈し在番衆は撤兵。その後島津氏が相良氏を屈服させ肥後への影響力を強めると、親賢の嫡子・久基を後見する城一要は龍造寺氏と手切れし、再び島津氏に救援を求めた。



── どうしても武家の当主は絶対権力を有すると思いがちですが、島津家はそうではない、と。今回の日記でも、覚兼含め、義久らの意向を無視したり、自身の都合を優先したりする場面が度々ありますね。軍事面でも、期日までに軍勢が到着していないことなど、主従関係にルーズさを感じます。

新名:室町期の守護と国衆の関係がかなりルーズなので、それを引きずっているのかもしれません。西国の戦国大名の全体的傾向としてルーズという指摘もあります。義久自身が、政策決定を重臣たちの「談合」に任せて、自分で上意下達の形で強制するという政治体制ではないので、勝手に動くことはある程度しかたないと思っていたのではないかと思います。

── 島津家としては「よく談合して結論を出すことが重要」を結果的にベストな体制と考えたということでしょうか。

新名:ベストかどうかはともかく、義久はそうするものだと父貴久から引き継いだのではないでしょうか。義弘は「名代」となってから、兄の姿勢に学んでそうします。ただ、その結果豊臣政権に敗れたので、豊臣大名となってからはそうした政治体制に批判的に転じます。現在、とある出版社から『島津義久・義弘』(仮)という本を出版予定ですので、詳しくはそちらをお読みください。



── 改めて覚兼自身について伺えればと思います。義久はそれまでの慣例では老中の資格がなかった覚兼を大抜擢しますね。残念ながら日記はその時期が欠損していますが、登用の背景にはどういったことが考えられるのでしょうか。

新名:天正2年(1574)から天正4年の現存部分は、上井覚兼が「奏者」だったころの日記です。義久の側近くで義久の意向を老中に伝えたり、軍使として指令を伝えたり、外交交渉も担います。恐らく、そうした任務でそつなくこなして義久に認められたのだと思います。
義久の考え方などを側近くに居て理解できているものを老中にした方が、義久としては伊集院忠棟等ほかの譜代の老中をコントロールするにも便利でしょうから。



── 日向制圧後は、「日州両院」の「噯」あつかいに補されますが、これはどのような権限と役割を担っていたのでしょうか。

新名:「日州両院」とは、新納院(宮崎県児湯郡木城町・高鍋町付近)から穆佐院(宮崎市高岡町)の間、つまり宮崎平野のことを指すと思われます。この地域の広域的な行政権を担っていました。
具体的には、鹿児島からの出陣命令や反銭賦課などの様々な指令をこの地域の地頭に伝達すること、鹿児島での「談合」開催の地頭への通達、地頭配下の衆中からの異動願いの鹿児島への取次、地頭間・地頭と衆中などのさまざまなトラブルの仲裁、この地域を通過する僧侶や芸能民への通行許可証発給、この地域の山伏の地位保証や他国での修行・廻国の許可など、多種多様です。こうした業務内容も、『上井覚兼日記』からうかがえます。

── そうした新たな支配地域における重要な役目を任せたり、自身も普段から病に悩まされているにもかかわらず自らの侍医を日向まで派遣したり、老中辞意を強く引き留めたりと、義久は深く覚兼を信頼している様子が窺えますね。

新名:覚兼は義久が貴久から家督を継いだ時に、父から引き継いだ側近のひとりです。若い頃から苦楽を共にし、和歌など趣味も共通するので、義久としては信頼できたのでしょう。またこの時期、老中村田経平が罷免されているため、信のおける老中が減るのは義久としては大変困ると思ったのでは。


天正11年2月、覚兼が義久の病気平癒祈願のため参籠した「法華嶽薬師寺」(宮崎県東諸県郡国富町)。養老2年に「金峯山・長喜院」として興り、後に最澄が「真金山・法華嶽寺」と改め現在に至る。和泉式部が参詣したことでも知られ、伊東氏、ついで島津氏の祈願寺として栄え三国名勝図絵にも往時の姿が描かれている。


── 天正14年、義久により強引に進められた筑前出陣に反発した覚兼ら日向衆は、出陣免除を願い出て義久の怒りを買い、覚兼は召喚された八代で使者を通じ「以後は他国人と見做す」と義久に強く叱責されますね。これも腹心として信じていたからこその失望ということでしょうか。

新名:失望からの怒りと同時に、自身の断固たる意志を家中に示すために、あえて腹心たる覚兼を槍玉に挙げた面もあるかもしれません。覚兼は「遅陣の責任は全て自身にあり、日向衆諸将にはない」と陳謝しています。
覚兼は豊臣氏に破れたあと伊集院(鹿児島県日置市)に移り病に伏せますが、義久は長年の軍労に感謝し「苦労をかけてすまなかった」とわざわざ慰労の手紙を送っており、晩年までその信頼は変わらなかったのではないでしょうか。



── まだまだ質問は尽きませんが……最後に、読者の皆さんが気になる今後の展望についてお聞かせ下さい。

新名:それはもう、売れ行き次第です(笑)。上井覚兼日記は本当に面白い日記ですが、研究者以外が読んで利用することはこれまで極めて困難でした。現代語訳化で多くの方に戦国時代の島津家の動きや戦い方、家臣達の生活の様子を知っていただきたいと思います。その結果、戦国島津氏の知名度、上井覚兼の知名度が上がれば幸いに存じます。

── 続刊を心待ちにしています…!本日はありがとうございました!


今回現代語訳された箇所は、天正6年の「耳川の戦い」、天正12年の「沖田畷の戦い」という大きな事象の狭間に位置し、戦国島津氏を語る上ではクローズアップされることが少ない時期だけに、興味深く読まれた方も多いのではないでしょうか。
日記のここから先は、いよいよ島津氏そして上井覚兼の苦難が本格化していき更に見所が増えていく展開。ぜひ皆さんで応援して、続刊を実現させたいですね!
花見酒
WRITER 花見酒

しまづくめ代表…という名の単なる言い出しっぺ。島津義弘のお膝元、姶良市加治木出身・在住。「戦国島津をもっと盛り上げたい!」をテーマになんだか色々やってます。

関連記事